So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


ゾンビは実在する!?米国防総省がゾンビ対策の訓練!! [ニュース]

まさか。。。。

アメリカの国防省が対ゾンビ作戦の
訓練のための資料を作成したそうです。

これはまさに最悪の自体、
そう、ゾンビが実在することを
示唆しているのでは!?


ゾンビ.png


と一瞬不安になりましたが、
そんなことではないようです(笑)


軍事訓練を「ゾンビ対策」として
実施する理由を簡単に説明しますと、

例えば仮想敵国を中国に設定して
訓練を行った場合に、

もしその資料が流出したら
国際問題になりかねないですよね。

なので訓練の敵を設定するにあたって、
資料に明記しても
問題ないであろうゾンビを敵に仕立てたようです。

ただアメリカのメディアCNNが
「なんでゾンビやねん。」
という感じになっているみたいです。

おもしろいですね。

まあ納税しているアメリカ国民からすれば
多額の税金を使って実施する軍事訓練に
だと思いますので、

きちんとした訓練を実施してくれるように
願っているでしょう。

もちろん、「ゾンビ対策の訓練」の中身が
必ずしもふざけているワケでは
ないですが、

作戦の名前だけ聞けば
そういう印象を受けてしまいかねないですよね。

もちろん訓練内容はきちんと
したものになっているようです。

賛否両論あるのかもしれませんが、
日本人の僕からすれば、
なんだかわくわく(?)します。


あとこのニュースを聞いてから
少し気になったことがあります。

ゾンビウイルスって実在するの?
ということです。

もちろん実在したら困るのですが、
気になって調べてみました。

結論から言うと実在はしないのですが、
ゾンビウイルスのモデルになったものが
あるそうです。

それがなんと、
狂犬病

感染すると凶暴化したり、
自分の意志に反して乱暴になったりするそうです。

また、
体内のウイルスが感染者拡大のために、
他の人に噛み付くようにさせるようです。

すべての症状がこうではないようですが
こういった凶暴な行動はまさにゾンビそのもの。

ここで思ったのが、

もしバイオハザードのアンブレラ社みたいな
悪い組織が現実にいて、

現存のワクチンが効かない「新型狂犬病」を
開発したりとかしていたらこわいですよね。

それをアメリカなど先進国各国に
ばらまいたりしたら、
まさにバイオハザードの世界が展開されそうです。

まあ今の世の中に
莫大な研究費をかけてまでそんなことするような
すごい邪悪な人たちがいるとは思えないですが。

ちなみにバイオハザードって英語版は
「Resident Evil」みたいなタイトルですよね。

ネイティブには「バイオハザード」という英語が
不自然だったということでしょうか。

とにかく、
ゾンビが実在しない世の中で良かったです!!

ではまた次回。
ここまでお付き合いくださり
ありがとうございました。

スポンサーリンク







nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。